本文へジャンプ

会長挨拶

佐藤 元保

2018-2019年度 士別RC会長

佐藤元保

紡ぎ合う 互助の力で 未来へ

 

 平成15 年に入会以来15 年間、このたび会長に就任せよとの大きな試練を与えてくださいました。
乗り越えられない試練はないことを信じ、本年度バリーラシンRI会長のテーマ「インスピレーションになろう」。細川��博2500 地区ガバナー「行動するロータリー  つながるロータリー ロータリーの未来を考えよう」との活動方針のもと、より一層の会員相互の親睦を深め、楽しき事業、楽しき例会となるよう、ご指導ご教み導賜りますよう切にお願い申し上げます。

 

北村 浩史

2017-2018年度 士別RC会長

北村浩史

伝えたい、心の息吹を隣人に

 

 この度、第58代の会長を仰せつかりました。緊張の糸がほどけないままですが、1年間、会員のみな様のお力添えを支えに、仕事仲間、家族、クラブ会員など人々とのふれあいを積み上げながら、ロータリーの精神に基づいた身心一体の実践に心がけていきたいと思います。
士別ロータリークラブへの入会は、私の会社としては3人目です。一人目は私の父でありました。さらに当社の先代の代表も含めますと、ロータリーとの関わりは3代、通算で50年近くになろうかと思います。そのようにロータリークラブは身近な存在ではありましたが、知らずに過ごしてきたことも多々あったのではないかと反省しています。
そんな私ではありますが、会員のみなさまと絆を大切にし親睦や交流を深めながら、ロータリーが地域に根ざしてきた様々な奉仕活動を社会に伝え、今まで同様、ロータリーを地域の身近な存在にしていくことができればと思ってます。
またロータリー活動そのものへの様々な見直しへの課題も伝わってきています。
これらの課題の伝達や理解の深化は1人では叶うわけでもなく、会員のみなさまのご指導やアドバイス、時には叱咤激励もいただきながら、関心と論議を深めればとも思いますので、よろしくお願いいたします。

 

山口 哲雄

2016-2017年度 士別RC会長

山口哲雄

共に笑顔で支えあい輝く未来を創ろう

 

 結束力と絆のある士別ロータリークラブに入会して10 年、この度第57 代会長を努めることになりました。
長年先輩たちが築きあげた歴史と伝統を継承し、会員の皆様とともにロータリー活動を行ってゆきたいと思います。よろしくお願いします。
私は、ロータリーを通じて友人と出会い、地域社会とつながり、共に支えあうことの大切さを知りました。これは他では味わえない貴重な経験です。このことへの感謝を忘れず、今後はロータリーの活動を通して世の中にお返しできるよう努力いたします。この気持ちがロータリーの原点である「奉仕」につながることを切に願っております。
その為にも「まず例会出席から」を心がけ、仲間との絆を深めて参ります。私達は縁あって士別ロータリークラブに集まった最良の仲間です。私達が一致団結してクラブを発展させていくことで最良の奉仕が生まれ、ひいては輝く未来創造に貢献できることと信じております。
この一年間、皆様から与えていただきました最高の学びの機会に感謝しつつ、共に笑顔で支えあう精神のもとロータリークラブを実践していく決意でおります。

 

伊藤 優市

2015-2016年度 士別RC会長

伊藤優市

ロータリーを活かそう

 

 2015年~2016年度士別ロータリーの会長として指名を頂き、就任する事と成りました。満たない私ですが、緊張感を持つと共に会員の指導、ご協力を頂きながら努めて参ります。よろしくお願いいたします。
社会システム、経済のステージが大きく変化を迎えようとしています。アベノミクスの地方版が求められている中、私たちロータリアンも「輪」親睦を深めながら「職」職業を通したサービス、会員相互専門性を活かした「経済と地域社会の発展」を共有して「喜」を分かち合いたく考えます。
今年度、定款また、委員会構成を変えさせて頂きました、またロータリーの特別月間が大幅に変更されました。少し視点を変え、ニューズに合った活動が求められている様に思いますが、何故、何を、を考えながら一歩でも半歩進んで行きたく思います。
今、私たちに与えられた、環境と役割を真摯にに捉え家族またパートナーの関係をより深め会員、家族の皆様と一緒に笑顔の有るロータリーを目指して参りますので宜しくお願い致します。

 

宮崎 隆雄

2014-2015年度 士別RC会長

宮崎隆雄

呼び起こそう、輝きを!

 

 何気なく過ごしている日々の中にも、いろいろな場面での判断や決断が生じます。 さて、その判断の基準はどこにあるのでしょうか?。
 それは経験であり、知識であり、常識であり、 として培ってきた自分の感性そのものなのです。 そして、その感性に大きく影響しうるものが、ロータリーの精神であると思うのです。

 ロータリーの「四つのテスト」に代表されるこの精神をもって、私たちは職業人としての日々を充実 させていきましょう。

 また、私たちはロータリアンである事に誇りを持ちましょう。 誇りある態度と行動は共感を呼び、仲間を増やすきっかけにもなるでしょう。

 私たちの心の内には、自分では気付かなくとも、核となる輝きが常に存在すると考えましょう。 仲間を大切にし、例会を楽しむ気持ちは既にその存在を証明しているとも言えます。 家族を慈しみ、地域・社会へ貢献する事でその輝きを活性化させ ゲイリーC.K. ホァン会長の掲げるテーマ「ロータリーに輝きを」を実践していきましょう。

 

千葉 繁夫

2013-2014年度 士別RC会長

千葉繁夫

出来ることを 出来るときに 出来ることから

 

 2013年~2014年度の士別ロータリークラブの会長として指名を受け、就任することとなりました。自分に試練を与えてみようと引き受けいたしましたが、経験不足であり頼りない私ですが、役員・会員皆様のご理解、ご協力を頂きながら務めて参りますのでよろしくお願い申し上げます。
 今年度、RIロンD・バートン会長・葭本正美地区ガバナーともに「ロータリーを通じて地域と世界、自分とまわりの人もより楽しく豊かにするために活動しよう」と呼びかけております。
この提言のもと、「出来ることを 出来るときに 出来ることから」の意識で、次の活動目標を皆さんと一緒に進めていきたいと考えていますので、宜しくお願いいたします。

1.新しい仲間を増やし、失わないように
2.地域への奉仕、慈愛ボックスの継続
3.親睦を通じて、明るい楽しい例会に

 

尾崎 学

2012-2013年度 士別RC会長

尾崎学

奉仕の心を大切に 平和の絆を広げよう

 

 2012 年~ 2013 年度、士別ロータリークラブの会長として指名を頂き就任することになりました。
まだ、入会10 年にも満たない私ですが、会員皆様のご協力を頂きながら、一年間努めて参りますの
てよろしくお願い致します。

私はロータリアンとして、喜び、楽しさ、そしてロータリーの本質を知ることが出来ました。ロー
タリーの四大奉仕活動をするためにも、心を一つにして、士別ロータリー会員が一つの「家族」とし
て、信頼・友情・協力をもって行動すれば、立派な「奉仕」が出来ると思います。

今年は日本人として3人目のRI会長、田中作次氏が就任致します。そして、RIテーマが「奉仕
を通じて平和を」です。

私は「平和」と云う言葉をあらためて問う一年にしたいと思います。昨年は東日本大震災や原発事
故がありました。人間として普通に生きていくことが一番大切で平和を実感できるのかも知れません。
地球上では戦争や紛争、貧困や差別、飢餓や食糧不足など「平和」とは遠い国々がたくさんあります。
日本人として、ロータリアンとして、地域の安心・安全を目指すことが市民の平和に通じることで
はないかと思います。

今年一年「奉仕」と「平和」をテーマに行動し、例会の充実と新しい仲間の入会にも力を入れたい
と思います。そして、会員相互の親睦をはかり、楽しいロータリー、笑顔のあるロータリー、それが
「士別ロータリークラブ」であります。

一年間、みなさんと一緒に頑張りましょう。

 

 

渡辺正一

2011-2012年度 士別RC会長

渡辺正一

人と人を思いやる心を持って前進しよう

 

こんな嫌な世の中になって心の骨が折れそうな時、頑張る・ガンバレ・頑張れる。

この言葉は、真の人と人との心のふれあいを物語っています。

私達ロータリアンは自分に何が出来るのか、ローターリーでは哲学という言葉がよく使われるが、心の前進と云っていいでしょう。

私のモットーは夢の ”扉 ”を開き、家族を大切にする事が何百年でも。

ロータリーは不滅です。家族の助けなくしてはロータリーは無いと思う。

親睦を深め、奉仕は永遠です。

 

 

神田 英一

2010-2011年度 士別RC会長

神田英一

ロータリーを見つめ、明日の地域へつなごう

 

 士別ロータリークラブも50年の歴史を刻んできました。レイ・クリンギンスミスRI会長が掲げたテーマ「地域を育み、大地をつなぐ」を基本として、慣習を見直していかなければなりません。さらに、クラブの50年の歴史をかえりみつつ、明日への発展のために本年度活動して行きたいと考えます。

ロータリー
  節度があり平等である、個性を認め個性を受け入れる、垣根を作らない、職業人として地域に有益な奉仕をする

四大奉仕
  クラブ奉仕 人間力を高め、活力の源を享受することができます。
  職業奉仕 生活を守り、生活を謳歌し、地域をささえるための奉仕
  社会奉仕 住みやすい地域にするための奉仕
  国際奉仕 自分達だけが生きているのではないことを知り、奉仕の機会を得ることができます

クラブ
  毎週の例会は大変ですか?
  でも、二週続けて例会が無いと寂しくありませんか?
  顔を見せない会員は気になりませんか?
  休んでいた会員に会うと嬉しくありませんか?
  だから、自分に出来ること探してみませんか。
  私たちは、ここで育ち、ここで生きて行きます。
  子供たちは、この町が故郷です、この町を忘れません。
  この町にはロータリーがあります。
  現在の会員の皆様はもちろん、新しい仲間を迎えロータリーを楽しみましょう。
  また、分区内の交流、親睦も深めて行きたいと考えています。
  今年度もどうぞ宜しくお願い申しあげます。

活動方針
  仲間を大切に、ともにロータリーを楽しみましょう。新しい仲間を迎えましょう。
  例会を大切に,創意工夫で変革を試みましょう。
  ロータリー塾での研修に励みましょう。
  皆で行こう帯広!

 

大野 裕一郎

2009-2010年度 士別RC会長

大野裕一郎
ロータリーを楽しく・学び・奉仕しよう
行動指針
  1. 協調の心で、楽しもう。
  2. 向上の心で、学びましょう。
  3. 変革の心で、奉仕しよう。

本年度、歴史と伝統ある士別ロータリー・クラブの第50代会長として指名を受け就任することになりました。
これから一年間の使命を思うとき、その責任の重さを痛感しております。
志村幹事を始め、役員、理事、委員長、皆々様のご理解、ご協力を宜しくお願い申し上げます。

今日、私達を取巻く環境は、大きく変化しつつあります。その変化に対応する柔軟性が必要で有りますが、「変えてはいけないもの」「変えなければならないもの」を確りと分別しなければなりません。

当クラブは創立50周年という大きな節目の年度を迎えます。
世代から世代へと受け継がれてきた大切な贈り物を崇高な理念と共に次世代へ育み引き継いで行きたいと考えています。
その為にも、原点に還り再考し将来に向かって新たな一歩を踏出す一年に致しましょう。

ロータリーの綱領は、ロータリアン個人の奉仕を期待し推奨しています。
その行動は「こころの光」となってロータリアンから虹の如く拡散されます。
これが、ロータリーの四大奉仕活動であり、この実践が周囲を明るくし、時には感動を与え、共感者を一人でも多くすることなのです。

会員一人ひとりが親睦を深め、友情をあたため、喜びを通してクラブを充実させ、素晴らしきものにすることだと確信しています。
その基本こそ「例会」でありロータリー・クラブそのものであります。

 

 

織戸 俊二

2008-2009年度 士別RC会長

織戸俊二
夢をかたちに

 

ビチヤイ・ラタクル国際ロータリーRI元会長提唱した(慈愛の種を播きましょう)和の心を大切にしながらロータリーの活動を進めていきましょう。この言葉が?
このテーマ2008~2009年度(夢をかたちに)なったと私は思っています。会員相互の融和を最大目標とし、そこから一歩前進して、委員会を通じ外へ向かって積極的に行動して頂きたいと念願したいと思います。
実践行動の活力は仲間の親睦から生まれます。また、親睦はクラブの例会時一層強くよみがえります。故に私は、毎回の例会をより楽しいものにして会員相互の親睦、寛容、善意の輪を拡げて例会にしたいと思っています。

 

 

本山 忠之

2007-2008年度 士別RC会長

本山忠之
仲間と共に、奉仕の心でこの土地に生きよう

 

地方が住み辛くなったといわれてもう何年になるでしょうか。
人口過疎・経済の疲弊・医師や病院の問題など、解決することが出来るのだろうかとさえ思います。

ともすれば自分さえ良ければよいと他の問題には目をつむり、日々生活している自分がいます。

しかし、ロータリーの仲間には職業を通じてあるいは社会生活を通じて奉仕を続けている多勢の人がいます。見知らぬ会ったことのない世界の人々のために奉仕する人さえ少なくありません。

我々が何故ロータリークラブという場所に居るのかを考えたとき、素晴らしい仲間にめぐり合えた事を感謝し、共にロータリーを学び地域に還元できることを期待しています。

 

 

大塚 勝人

2006-2007年度 士別RC会長

大塚勝人
継続の力を 信じ深めよう奉仕の心 ロータリー2世紀へ

 

現在の日本は、ロータリークラブ創設期のアメリカ、シカゴのように職業論理が著しく低下し、憂慮すべき犯罪が多発しています。一方、世界の中にはまだまだ劣悪な環境で苦しみあえいでいる人々が数多くいます。

私たちはロータリー100年の奉仕の精神と行動を信じ、今後も継続して社会に大きく貢献しなければなりません。

今年度のクラブの目標を、「奉仕と親睦を基本にロータリーを学び実践しよう」としました。
各委員会が例会を充実させるよう努力し、会員一人一人が多くの情報を共有し、ロータリーの奉仕の精神を理解し、率先して行動するクラブを目指すものとする。

 

 

汐川 泰晴

2005-2006年度 士別RC会長

汐川泰晴
つなごう、ロータリー2世紀へ 真の奉仕の心で!

 

本年度、カール・ヴィルヘルム・ステンハマーRI会長は、奉仕の2世紀に向かって、RIテーマ「超我の奉仕」を掲げました。主たる目指す目標の方向は末長く同じものでなければならないと、継続性の推進を強調しております。
内外の社会情勢は時代とともに刻々と変化しています。この目まぐるしい情勢変化の中で、私達に求められているのは、これから何をしようとするのか、何をしなければならないのかを見つめる真摯な姿勢とまなざしです。
一人ひとりのロータリアンに課せられた使命は、この百年の歩みをしっかりと受け止めるとともに、自らその歴史と現在を刻印し、確かな未来を見通しながら、これまで培って来た経験と友情の輪をより強固にして、良きものはさらに継続していくことではないではないでしょうか。
ロータリーの基本である親睦と奉仕を二つの柱に、もう一度ロータリーを見つめ直し、皆でロータリーを語りあう、新たなロータリー2世紀を目指していきたいと思います。
当クラブも4年後には輝かしい創立50周年の大きな節目を迎えようとしております。諸先輩達が培ってくれた、良き伝統を忘れることなくしっかり守り、会員相互の友情を深め、地域に根ざした奉仕活動を目指して、本年度一年、皆さんと一緒に、ロータリーを語る年にしたいと考えております。

過去からの継続で・・・確かな未来を!
  • 深めよう会員そして会員家族との親睦交流
  • 語りあおう「四大奉仕」
  • 育てよう青少年
  • 努めよう会員拡大、退会防止

 

千葉 道夫

2004-2005年度 士別RC会長

千葉道夫
感謝! そして次なる親睦、奉仕活動を

 

4人の実業家がシカゴで集い、以来世界各国にロータリー奉仕の輪が広がり、これまで人類平和を願い様々な活動に取り組み100年の歴史を刻みました。これまでの国際プロジェクト活動に賛美、100年の実績の上に更なる2世紀のロータリー親睦、奉仕活動に期待をしつつ「ロータリーを祝おう」が2004~2005年のRIのテーマで有ります。
我がクラブとして「祝おう」を「感謝」という言葉に変えRI生誕100年の節目の年に、クラブを創設しこれまでにクラブの発展に苦労された会員各位、会員家族、会員企業そして地域に感謝し、更なるクラブの拡大発展を目指し親睦と奉仕活動を「感謝」の気持ちで取り組んで参りたいと考えております。

我がクラブをこれまでに守り育ててくれた
  • クラブ会員に感謝
  • クラブ会員家族に感謝
  • クラブ会員企業に感謝
  • 地域社会に感謝
新たな一歩のために
  • 「温故知新」会員間の懇談会の開催
  • 家族親睦事業の取り組み
  • 勤労青年者との交流
  • 各種団体との交流
  • 会員増強と退会防止

今年度、我がクラブも45周年となります。輝かしい50周年を迎える為に、クラブ内部の充実と信頼を強化すると共に会員間と家族の親睦を深め同時に資質の向上を目指す事が「感謝」の気持ちとなり、クラブの発展を揺るぎないものにすると確信致します。

加藤 論伸

2003-2004年度 士別RC会長

「Shake a Hand」から「Lend a Hand」へ(まずは「握手」そして「手を貸そう」)

 

クラブの例会は、「握手」から始まります。一歩前進して「手を差し伸べ」てみませんか、例会あるいは会議中の私語、事業中の勝手な行動、一寸「手を貸して」みたらもっと良い物が出来るのに、なぜ出来ないのでしょう。
本年度ジョナサンB.マジィアベRI会長は、「Lend a Hand(「手を貸そう」)」をテーマとしております。ロータリー家族に、職業に、地域社会に、そして世界に皆さんの手を差し伸べようではありませんか。

  1. クラブ奉仕委員会は、クラブに、クラブ会員に、そして会員家族に手を貸そう。
  2. 職業奉仕委員会は、自らの職業に、会員の職業にそしてこれからの職業人に手を貸そう。
  3. 国際奉仕各委員会は、世界の最貧困層に、国際ロータリー、ロータリー財団と共に基本的生活条件達成のために手を貸そう。

そして、私も努力します。

 

 

佐藤 元信

2002-2003年度 士別RC会長

ロータリーの基本は親睦と奉仕

 

伝統ある士別ロータリークラブの心を継承し、昨年の規定審議会で大きく変更になった定款・細則等を見直し、クラブの基礎固めをする年にしたいと思っております。

国際ロータリー会長ビチャイ・ラタクル氏はロータリアンの壮大な目標を達成する為には出来るだけ沢山の人々の心に「慈愛の種を播くことです。」と言っておられます。即ち新しいプログラムやプロジェクトを作る必要はないしロータリーをこれ以上複雑にする事も有りません。各ロータリアンが草の根レベルから立ち上がって他人に対する奉仕を通じて親睦という機会を提供する事が大切なのです。

今年の当クラブの基本的考え方は下記の通りです。

  1. 自分のクラブに慈愛の種を播く(クラブ奉仕)
    メンバー同士がお互いに関心を持ち家族・仕事・希望や夢等出来るだけ多くの事を知り合うこと、即ちクラブ奉仕の原点に戻る事。
  2. 自分の職場に慈愛の種を播く(職業奉仕)
    社員・顧客・競争相手に慈愛の種を播く事によって多くの職業分類を通じ高度の道徳的水準を保つよう努力する事。
  3. 地域社会に慈愛の種を播く(社会奉仕)
    メンバーの知識・技能・個人的趣味を充分に活用し、地域社会に対し参加型の奉仕プロジェクトを実践して行く事。
  4. 世界に慈愛の種を播く(国際奉仕)
    国境を越えて飢え・病を無くし子供達に教育を施し全人類に対する基本的生存条件の充足を図る事への理解。(ポリオプラス最終段階への理解)

尚、DLP制度導入初年度で当クラブの西條輝光会員が第二分区初代ガバナー補佐としての一年でもありますので皆さまの暖かいご協力を切にお願い致します。

 

 

竹内 栄一

2001-2002年度 士別RC会長

 

会長指名を受け、事の重大さを痛感しております。 会員の皆様方のご協力を切にお願い致したいと思います。

創立以来永年にわたり、クラブ充実のためにご苦労された会員各位には深く敬意を表わすとともに、その業績を大切にし、よき伝統の更なる発展に努力しなければならないと思っています。

  1. 楽しみと親しみのあるクラブ運営により和やかな例会
  2. 地域社会と奉仕活動へ積極的に参加
  3. 国際奉仕事業へ積極的に参加
  4. RI会長賞プログラムへの参加

以上、リチャードD・キング会長のテーマに基づき、地域社会とより調和しながら、地道な活動を、着実に積み重ねながらクラブの発展を考えて生きたいと思っております。
会員の皆様方の御支援、御協力をお願い致しまして、この1年間、楽しく奉仕活動とロータリアン生活を送りたいと念じております。

ページの先頭へ